インタビュー > 全記事一覧 > 自社Webサイトへのお問い合わせは50%増加!
インタビュー

自社Webサイトへのお問い合わせは50%増加!
- indexProは若手・未開拓業界へのプロモーションツールとして効果的な媒体です -

株式会社尾関様
尾関様は創業110周年を迎える老舗企業です。取扱製品が多岐に渡る商社であるため、Webマーケティングを活用した営業・販促活動の効率化を重視しています。
その一環として、2011年よりindexProをご利用頂いております。費用対効果も良く、新規開拓に非常に有効だとのこと。 現在はWebを中心とした宣伝・マーケティングで成果を上げられています。
江戸時代から続く老舗企業が挑戦している”時代を生き抜くWeb戦略”についてお伺いしました。
pict001 電子材料事業部
ご担当者様
【企業情報】
企業名 株式会社尾関 電子材料事業部
資本金 8800万円
設立 1948年12月21日(創業1903年11月2日)
事業内容 国内外メーカーの電子部品・材料の販売、リアクトルの開発・販売
URL http://www.ozekinet.com/electronic/product/

お問い合わせの成約率=自社Webサイト経由>展示会!
営業スタッフが肌で感じていた

現在、当社では会社全体でWebの活用を推進していますが、きっかけとなったのは営業スタッフたちの声でした。

以前の宣伝活動は展示会と製品情報誌への記事掲載をメインに行っており、Webサイトの運営やWeb媒体にはあまり費用をかけていませんでした。 定期的に展示会に出展していたのですが、商材やターゲットによって効果が変わるため、見極めが必要だと感じていました。営業スタッフからも同じような声があり、同時に 「自社Webサイト経由の引合は商談の成約率が高い」という意見が多くありました。 実際に顧客と接している営業スタッフが”肌”で感じている現状でした。

展示会に出展する為には百万円単位の費用と、労力もかかります。その費用と労力を考えると費用対効果が悪い…。少人数で運営している 当社では大きな悩みでした。 当社電子材料事業部では、営業と広報担当者を合わせても10名に足らない人数と、決して豊富なマンパワーがあるわけではありません。 出展用サンプルの入手、出展ブースの装飾、招待状の発送、当日の対応、そして後日、頂いた名刺の連絡先へのフォロー… 通常の営業活動と並行しながらの対応はとても負担が大きいのです。

営業スタッフの声を聞いて「Webをもっと活用すれば、効率的に質の良い引合が増えるのではないか」と社内の期待が高まっていきました。 そして2011年7月、自社Webサイトのリニューアルにより自社内での更新が可能になったことを発端として、社内全体でWebマーケティングに注力するようになりました。 とはいえ、ただWebサイトがあるだけでは知ってもらうことはできません。多くの人に自社Webサイトに訪問してもらえるような広告媒体を 探し始めました。
仕入先からもWebに関する情報を集めていたところ、海外仕入れ先からindexProを利用している、という話を聞き興味を持ちました。

"誘導数"専門サイト中【No.1】! "新規流入率"は【70%】!
新規ターゲットへピンポイントに訴求できるのがindexPro

WebツールはindexProを含めた2媒体と、リスティング広告を利用しています。一方は会員登録サイトで、自社Webサイトとは別に媒体上のページを管理することでリード(会員情報)を得ることが目的です。 indexProとリスティング広告は会員登録不要で自社Webサイトへ直接誘導するため、誘導クリック数を増やすことが目的となります。 日頃から業務としている自社Webサイトの充実が、より高い効果に繋がるのです。

Webマーケティングを始める前と比べると、どれも費用対効果の向上に役立っていますが、利用方法が簡単で、業務効率もあげてくれるindexProはとても 使いやすい媒体です。
広告掲載はメールでできますし、自社Webサイト以外の管理が不要という点がとてもラクです。 会員登録不要、というのも訪問者の敷居を低くしているポイントなのか、今まで未開拓だった業界との接点も増え、新規開拓に役立っています。 広告をクリックした足跡(アクセスログ)[1]が閲覧できるので、どのような業界が興味を持ってくれたのかがわかります。 実際、誘導数は専門サイトの中で1番多く、indexProからのアクセスの約70%は新規の流入であることが解析ツール[2]からも判明しています。 また、リスティング広告と比べてサイト滞在時間[3]も【約4倍】と長く、”アクセスの質”が高い点もindexProの魅力ですね。

自社Webサイトからの問い合わせ50%増加!
そして若手へのアピールに大きな効果あり!

Webサイトをリニューアルして、indexProへの掲載を始めてから約2年。自社Webサイトからの問い合わせ数は、以前の50%程増加しました。 また、indexProからはメーカー以外にも、大学や高専など研究機関からのお問い合わせも多々あります。 研究用の注文は決して大きな金額ではありませんが”学生=若手の認知度Up”という点で、重要な効果と考えています。

数年前、学生さん達のソーラーカー開発大会で当社が部品を供給したのですが、その事が口コミで広がり、『大会で尾関を知った』と言う問い合わせが 今も来ます。この経験から、若手層からの認知度を高めることは将来的な事業の発展に有効だと実感したのです。

indexProは引き続き利用したい媒体です。また主催セミナーに参加したことがありますが、アットホームな雰囲気で企業としても親しみが持てました。

ただ、当社では電子部品だけでなく電子材料も取り扱っているため、材料が宣伝できないことが残念です。 必要とされている方もいると思うので、【indexPro版 材料検索サイト】の登場を期待しています!

用語について

  1. アクセスログ
    アクセスしてきたパソコンのサーバー情報。IPアドレスを元に、アクセスしてきた企業名やサーバーの場所を知ることができる。
  2. 解析ツール
    サイトを訪問した経路やアクセス数を分析するツール。代表的なものとしてGoogle Analytics、SiteCatalystなど。
  3. サイト滞在時間
    あるページやサイト全体に滞在していた時間を示す指標。長いほど、訪問者のニーズとサイトの情報とマッチングしている傾向が高い。